二日酔い対策に飲む亜鉛

二日酔い対策に飲む亜鉛

一般的に二日酔い対策というとウコンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。もちろんウコンでも肝臓機能アップが期待できるため、二日酔い対策にはなります。しかし年齢的にお酒が弱くなってきた、お酒が残りやすくなってきたと感じている方は、もしかしたら亜鉛不足が関係しているかもしれません。二日酔い対策に使う亜鉛の補給のタイミングについて紹介します。
亜鉛は酵素の働きを助けています。亜鉛が無ければアルコールを分解する酵素も上手く働くことができません。亜鉛は年齢と共に吸収量も減りやすく、中年以降になるとお酒が弱くなると感じる人も多くなってきます。年齢的に肝臓が弱って分解できないというよりは、酵素の働きが阻害されていることもあるのです。
お酒を飲む時には亜鉛サプリも事前に飲んでおきましょう。1時間ほどで吸収され、お酒を飲んだ翌朝にはしっかりと働いてくれます。また毎日晩酌をする方も、定期的に亜鉛を補給するようにしましょう。おつまみで亜鉛が多い食品を選ぶだけでも違ってきます。牡蠣の美味しい時期なら牡蠣の姿焼き、ナッツ類やチーズなどもおすすめです。肉類は赤身を選ぶと亜鉛を効率よく摂取できます。更に晩酌前に亜鉛アプリを補給しておくと、酵素の働きを助け、翌朝にアルコールが残りにくくなります。